ゲルマニウムって?

ゲルマニウムって?

1885年にドイツのウインクラー博士が、銀の鉱石アルジロダイトからこの元素を分離することに成功し、ゲルマニウムを発見しました。
名前の由来は発見者の国、ドイツの別名ゲルマンにちなみ、自由 を意味する「ゲルマニウム」と名付けられました。

ゲルマニウムは自然界に広く分布していますが、他の物質に紛れ込んでいるために、鉱石という形では人間の目で見ることは難しいのです。
ゲルマニウムは半導体の性質を有し、ダイオ−ドとして整流、感光素子に用いられ、またトランジスタ−として増幅、発振などに広く用いられてきました。
現在ではゲルマニウムは光ファイバ−の素材として用いられているほか、高品質のペットボトルの製造には欠かせない触媒として無機のゲルマニウム化合物が利用されているのです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。